アステープ

既設路面と新設アスファルト舗装端部の接着を向上させるテープです。

  • 加熱アスファルト合材の熱で溶けます。
  • ストレートアスファルト以上の接着力を確保しています。

 

・アステープ90
t=0.50mm(500ミクロン)
1巻長さ 50m 25m 10m
設計価格 19,500円 10,500円 4,500円
・アステープJT50
t=0.75mm(750ミクロン)
1巻長さ 20m 10m
設計価格 10,500円 6,000円
・アステープJT30
t=0.75mm(750ミクロン)
1巻長さ 20m 10m
設計価格 9,000円 5,250円 *税抜価格

販売価格はお問合せ下さい

使用方法

1.清掃
・既設舗装面をホウキ等で清掃する。
砂埃などが残らないように十分清掃して下さい。
2.アステープ貼付
・既設路面が湿った状態だとアステープが貼り付かない為、
乾燥状態にしてから貼り付ける。
注)1   アステープを足で踏むと離罫紙が破れてしまい
剥がしにくいので、手で押さえて圧着する。
注)2   アステープを切る時は、市販のカッターナイフで
簡単に切れます。
ハサミの場合、刃にアステープが付く為おすすめできません。
3.離罫紙を剥がす
・離罫紙を剥がす時は、ゆっくり焦らず丁寧に剥がす。
注)1  *アステープの上に乳剤がかかると
接着力が弱くなるので注意が必要です。
4.加熱アスファルト合材 敷均し~転圧
・アステープは合材の熱で融けるので特に端部を
バーナー等で加熱する必要はありません。
(アステープは約90゜で液体になります)
*合材の温度が極端に低い場合は加熱しながら
施工していただいてもかまいません。
・合材の温度が低下しないうちに転圧します。
注)1  転圧時アステープと既設路面の間に水が入ると
接着力が低下するので水を撒く時は注意が必要です。
5.完成
・ストレートアスファルト以上の接着力を確保します。
備考:
アステープは加熱アスファルト合材のみ使用できます。 常温合材(レミファルト等)では使用できません。※但し、一部商品を除く。
保管方法は、箱に入れて平らな所に置き、直射日光を避け、涼しい場所に保管して下さい。

 

製造  株式会社石川建設

お気軽にお問い合わせください。06-6491-3031受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ] 

お問い合わせ 小規模の施工等、お気軽にお問い合わせください。