今回はカラー舗装の話ではなく、パソコンの話です。

タイトルの通り、パソコンを直した話です。

ある日、部長のパソコンに重要なメールが送られてると知り、パソコンを見ようとすると真っ暗な画面でカーソルが点滅していました。どうしようもないので一度電源を落とし、立ち上げても同様な症状でした。bootの順番かなと思い、電源を再び入れ直し、bios画面に入ろうとしようにも、dellの画面も出ず、ファンクションキーを押す暇さえなく、カーソルが点滅してしまいます。

部長が12月で辞めるのでパソコンも追随した、もしくは部長が壊した(部長は私のせいにする)と一瞬頭をかすめました。一番古いパソコンなんでしゃーないか、もうええわと思ってもみたのですが、もったいないので絶対直そうとすぐに思い直しました。まだまだつかえるはず(このパソコンも含め10台あるパソコンのcドライブはこの手でssdに換装済み)。

biosに入れないという観点から調べたところ、マザーボードに取り付けられているボタン電池がからっけつになってるくさい。ローソンでボタン電池を購入し、パソコン自作にはまってたころよく聞いたcmosクリアーをしたところ、見事復活しました。フロッピーディスクがありませんとパソコンが言うてくるので、bootの順番をいじって完了しました。

部長が辞めても、このパソコンは爆発寸前まで使い込むつもりです。

 

誰かの役に立つかもしれないのでupしました。

 

dell precision

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です